webinar register page

Webinar banner
【HT-ADME①】1年で化合物を最適化!ADMEスクリーニングの活用法
本セミナーの前半では、特にこれから創薬研究に携わる皆様を含めて、近年の基本的な創薬研究のアプローチと戦略、創薬研究における探索動態の役割につきまして説明させていただきます。
後半では、今後ADMEスクリーニング試験に従事されている、ならびに試験委託を検討されている皆様に向け、弊社の化合物最適化に向けたADMEスクリーニングの試験メニューとその効率的な運用、そして今後新たにサービスを開始する評価系につきまして説明いたします。

Nov 11, 2020 12:00 PM in Osaka, Sapporo, Tokyo

Webinar logo
* Required information
Loading

By registering, I agree to the Privacy Statement and Terms of Service.

Register

Speakers

青山 和誠
主席研究員/HT-ADME Lead @統合トランスレーショナル研究
修士(薬学、経営学)。2008年東北大学大学院薬学研究科医療薬科学専攻前期課程を修了し、武田薬品工業株式会社入社。創薬探索研究において薬物動態の見地から数十の創薬プロジェクト、開発候補化合物の最適化と選択を担当すると同時に新規 in vitro評価系の構築に携わる。 2017年7月にAxcelead Drug Discovery Partners株式会社転籍後に引き続き創薬プロジェクト・探索動態をリードする傍ら、Axcelead労働組合を設立し、初代中央執行委員長を兼任。2020年1月にAxcelead Drug Discovery Partners株式会社薬物動態分析主席研究員、2020年4月より現職。年間200超の案件を担当している。